カテゴリー別アーカイブ: 未分類

本厚木の脱毛サロン~全身脱毛もワキ脱毛も

神奈川県の厚木市、とくに本厚木駅周辺で脱毛サロンを探している人のための情報です。
では一つづつ解説していきましょう。

ジェイエステティック本厚木店

全国展開しているジェイエステティックの本厚木店です。
ここはワキ脱毛の激安プランがあります。
ワキ脱毛12回で300円、しかも12回で満足できない場合には5年間は追加料金なしでワキ脱毛が何回もできます。
全身脱毛に関しては40回とか80回の回数を自分で好きな部位に割り振るというコース脱毛があります。
「腕毛はあまり気にならないので3回だけにして、両ヒザ下を10回やる」みたいにどこを重点的に脱毛するかを自分で決めることができます。
激安お試しプランもあり、料金設定もわかりやすいのでジェイエステティック本厚木店はおすすめです。

ラココ 本厚木駅前店

激安プランは無く、全身脱毛と部分脱毛ができます。
全身脱毛に関しては月々3000円での分割払いができるというのが特徴ですが、総額でいくらになるのかが公式サイトに明記されてないので自分で問い合わせるか無料カウンセリングで説明してもらうしかないです。
SHR方式と呼ばれる脱毛器を採用しているのもラココの特徴です。

エステティックTBCガーデンシティ厚木店(イオン厚木)

全国的に有名なエステサロンですね
イオン厚木店のビルに入っている店舗です。
「終わりのある脱毛1000円」というお試しコースがあり「TBCスーパー脱毛40本+ライト脱毛 (Lパーツ:1ヶ所 or Sパーツ:2ヶ所)+無料カウンセリング」という内容になっています。

ライト脱毛というのはエステサロンにおける一般的な脱毛で、TBCスーパー脱毛というのは医療脱毛に近い脱毛がエステサロンでもできるというイメージです。
TBCスーパー脱毛を体験してみたいという人には「終わりのある脱毛1000円」は価格的にお得だと思います。
ただ、Twitter情報だと「予定していたコース以外に他の脱毛コースにも勧誘される」という書き込みが多いので覚悟して行ったほうがいいでしょう(笑)

プティエルセーヌ 本厚木駅前店 旧「エルセーヌ イオン厚木店」

こちらも全国的に有名なエルセーヌ系列のエステサロンですが、脱毛はあまり力を入れていないようで、痩身(ダイエット)などがメインのサロンです。
脱毛目的だけで通うのはあまりお勧めではないですね。

C3(シースリー) 本厚木店

こちらも全国展開している脱毛サロンですが公式サイトを見ても不明点が多いです。
料金や脱毛コースに関する情報が全く掲載されていないので、これ以上コメントのしようがないですね・・・

あつぎ美容クリニック

医療脱毛=永久脱毛ができる美容クリニックで、本厚木駅から徒歩4分の「ヤギビル」というビルの4Fにあります。

料金設定などは非常にわかりやすく、医療脱毛にしては安い印象がありますが、ネットでの口コミ情報があまりよくないんですよね・・・
脱毛自体に関する不満というより接客態度とかそういった部分での不満書き込みが目立ちますね(グーグルマップでの口コミなど)。
しかし、既に書いたように値段は安いと思うので試しに部分脱毛で通ってみるのもいいかもしれませんね。

(本厚木じゃないけどおすすめ)ミュゼプラチナム海老名ビナウォーク店

本厚木駅から駅ふたつ隣の海老名駅近くにあるミュゼです。
多分、脱毛サロンではミュゼは一番有名なサロンですね。
全身脱毛はそんなに安くないですが、料金設定や脱毛コースはわかりやすいですし、両ワキ6回脱毛が100円という激安お試しプランもあるので、おすすめしたいサロンのひとつです。

参考

本厚木の脱毛サロン情報や大手サロンを選んだ方がいい理由などが解説されています。
http://xn--vck1fsa5956afpuwa905fpq8b.biz/

テスト記事 one two

 唐沢氏がこんなにも上機嫌なのは稀らしいことである。老夫人の伊予子には、それが嬉しいというよりも、何かちぐはぐな不安な感じが先きにくる。一体に明るい性分ではあるけれども、身をもんで高笑いをするというようなことは、これまでに無いことだった。裡に盛りあがってくる活動力の愉しさが、つい笑いになってこみあげてくるという風である。この変りようが老夫人の心を妙に落付かせない。ひとつには、この頃特に目立つ唐沢氏の劬り深さということにも、夫人の心は拘泥りをもつのである。元から優しい方ではあるけれど、それが近頃は故意に、その優しさを誇示しているようなところがみえる。
 出社前のいっ時を庭へ下りて万年青をいじるのが慣しの唐沢氏は、今朝も、屋根のかかった万年青棚の前にしゃがんで水にしめした筆の穂で丹念に葉の間の埃りをはらっていたが、ふと、縁に立った老夫人の気配に振りかえって、
「どうだね、この入舟の光沢は」
 自慢げに背を斜に反らせて、足元の万年青鉢へ眺めいる恰好になった。

 この町には、七の日毎に市が立つ。老い萎えている町の呼吸が、この市日で、微かに保たれているようである。「五城目の市日」といえば、昔から、この近郷の人々が寄り集う慣わしであった。
 町の目抜き通りの上町下町をとおして、両側に、物売りが並ぶ。人が出盛る。
 この物語りは、漸う山々が白くなりだした頃からはじまる。この頃の季節には、近くの八郎潟からあがったばかりの白魚だの小鮒だのが、細い藻なんどのからんだまま、魚籃から一桝いくらで量られる。雷魚売りの呼び声が喧ましくなるのも、もう、直ぐである。買い手は、ブリコ(卵)のたっぷりとはいったところを素早く選み分けようとして、売り手との間に小さな諍いが起る。

いかに落ちぶれたとて生れた土地だもの、岡村の家へは頓着なしに是が非でも皈ろうと意気まく良人をなだめて父の許へ無心のたよりをやりましたところ、母の名前でこっそり十円、別に小豆だの小麦粉だのを、親爺さんには言わんといて、と副え書きして送ってくれました。どうせ店にある品故、こうして時折り送りたいとは思うのだが親爺さんの頑固がいまにとけず、この十円をまとめるのも並大抵の苦労ではなかった、と母のたより、ただただ有りがたさで胸のふさがる思い。その金で養生をします内、何んとした不仕合せなことか鶴江がチブスみたようになり一時はとても難かしく、病める父と病める母が交る交る抱いて明しましたのも幾夜でしょう。太夫元からは鶴ちゃんの病状が病状故若し避病院へでもやられては興行をさし止められるから、とて医者にかけるのを拒まれたり、そのつらさといったら申し様もございません。